耐震性能が基準を十分満たしていないとき

日本は地震の多い国です。
それは昔からわかっていることで、そのためのいろいろな対策も取っています。
ただ、新しいこともどんどんわかってきます。
建物を建築する上では地震に対応する建物が建てられるような制度ができていますが、これも時代によってどんどん変化しています。
一応、今の制度は昭和56年に決められた制度が最新とされています。
それ以降に建てられたか、それより前かによって耐震基準を満たしているかどうかの判断がされます。
中古マンションではそれより前に建てられたものがあり、耐震検査などによって基準を満たしているのか、満たしていないのかが分かるようになっています。
耐震基準を少しでも満たしていないなら、何らかの措置が必要になると言えるでしょう。
補修工事をするなどして、十分な耐震性が得られるようにしなければいけません。
各物件に関しては、通常の基準の何割程度と示されることがあります。
9割ならいいわけではなく、100パーセント問題ない状態でないといけません。